« NEW!電話機の設置。 | トップページ | コロナ禍の”発令中”にも関わらず展示会へ »

2021年5月12日 (水)

全粒粉への取り組み

小麦をまるごと挽いた「全粒粉」。

この小麦粉でうどんを何度もこれまで試作をしたことがありますが、もう一度を勉強しなおそうと思っております。

そこで、お取引先様にご協力をただき、いくつかの製粉会社様の仕様や価格をご提示していただき、また現物までも支給していただいたことで、本日試食をさせていただきました(^O^)

210512-1

このうどんは、「全粒粉」100%で仕上げたうどんです!

流石に凄い!色!!

この「全粒粉」は食物繊維が豊富で、表皮まで丸ごと挽いているので茶褐色しております。

また、表皮と胚芽の香ばしい風味と、歯ごたえのある食感が特徴となります。

この「表皮」を皆さんもお聞きしたことがあるかと思いますが、”小麦ブラウン”と言っております。

210512-2

茹でておりますと、その皮が麺からはがれお湯の中で浮遊しております。

210512-3

麺が少し太いということもありますが、茹で時間は12分かかりました。

210512-4

凄い色です♪

ですが、これこそ昔ながらのうどんなのです(^O^)/

昔は、挽いた小麦粉を現代のように細かく取り分けることなく、挽いた小麦粉をそのままうどんや小麦粉加工品にしておりました。

と、行っても皮の粗さが嫌だと感じていた方は”ふるい”で取り除いていたでしょうけど。。。。

210512-5

口に入れると麦の強い香りと、荒々しい麦の皮の歯ざわり感が口の中いっぱいに広がります!

正直、ここまで粗いのは好みが大きく分かれることですので、もっと全粒粉を少なくしてうどんにしてみようと思った次第です。

この「全粒粉」で新たな麺を商品化していこうと思っています!

乞うご期待を(^O^)/

|

« NEW!電話機の設置。 | トップページ | コロナ禍の”発令中”にも関わらず展示会へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。