« 今日の昼食は。 | トップページ | 地元銀行の新年会 »

2019年2月 3日 (日)

2月3日は皆様ご存知の節分ですね。

平成の中盤頃からでしょうか、西日本で食されて来たという恵方巻きも、今や日本の習慣食となりました。




それでも定番なのは、福は内鬼は外!のお豆。

年プラス1個を食べるのも段々と苦になって参りましたが、忘れてはいけません!なのは。。。

そうです!節分には蕎麦なのです!(^O^)!





「節分」とは読んで字のごとく「季節の分かれ目」のことを指し、年に4回ある「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれ前日にあたります。

特に「立春」は冬から春へ変わる節目として重きがおかれ、本当の年越しは大晦日ではなく、立春の前日である「節分」として考えられ、身を清める習慣として節分に「年越しそば」を食べていたそうです(╹◡╹)

そんな大事な節目になぜ「そば」が選ばれ、食べられてきたのか。「そば」にこめられている願いとは。

(^o^) 麺類の中では特に切れやすいことから、「厄落とし」として考えられているそうです。

(^o^) 長く伸ばして、細く切られることから「長寿」の縁起をかついでいるとか。

(^o^) そばの実は「魔除け」になるといわれているため、邪気を追い払うそうですよ。

そのような願いを込められているお蕎麦を節分に食べて、この一年健やかにお過ごしいただければ幸いに存じます。

|

« 今日の昼食は。 | トップページ | 地元銀行の新年会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。