« ハロウィン仕様。 | トップページ | 玄蕎麦を磨く。 »

2016年9月15日 (木)

自家製石臼挽き原料にて。

 過日に仕入れた原料を石臼で挽いてみた、藤岡産の小麦粉と沼田産の有機そば粉でそれぞれ麺にしてみましたので試食です(^O^)/
20160909_160519_001_resize_20160915
 本来は、小麦を挽くのに適している石臼なのですが、そばもやっちまえぇ~♪のノリで試した蕎麦粉で試作したそば。
20160915_171955_resize_20160915_174
 初の試作でしたので、実際に繋がるかの不安要素たっぷりだったために、まずは4割そばにしてみました(^O^)
 で、実食ぅ~♪
 思っていたよりも良くまとまっており、蕎麦らしい食感と若干の風味ありです。
 これなら5割りそばも問題なくできるだろうし、研究次第で更なるグレード・アップも夢ではありません!
20160915_171450_resize_20160915_174
 次いで、藤岡産の小麦粉を20%に群馬県産小麦粉80%のオール・群馬のうどんです♪
 写真のとおり、まるで蕎麦のような色合いと見た目。
 粒々に見えるのが藤岡産小麦の全粒粉です♪
 で、実食ぅ~♪
 。。。。す、すごい。。。全粒粉のざらつき感は、うどん通にはたまりません!
 しかもです、この全粒粉はかつての農家泣かせでもあった群馬県を代表した「農林61号」。
 今では市場に出なくなってしまった貴重なかつ希少な小麦なのです。
 そうです!もはや「幻」と言っても過言ではない、”幻のうどん”なのです♪
 この貴重な原料を使用して今後は製品化に向けて取り組む次第でおります!
 こう、ご期待ください!(≧▽≦)!

|

« ハロウィン仕様。 | トップページ | 玄蕎麦を磨く。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。