« 海外国の輸入規制について。 | トップページ | シンガポ用。 »

2016年8月26日 (金)

藤岡産小麦粉です!

 前橋市の曽我製粉さんの事業を継承させていただき1年と5か月が過ぎようとしています。

 それなのに、継承しきれていないこと、新たにチャレンジしていきたい事が多々ある中の一つに、「製粉」というものがあります。

 弊社の前身は同じく製粉業で「根岸製粉工場」という麦の加工業を祖父が営んでおりました。

 この製粉。

 規模は小さくとも、自家製粉をしてみたいと常々思っているのですが、その曽我製粉さんで所有をしていた”石臼挽き装置”を譲り受けて保管しておいたのですが、ようやく稼働させる時が来たのです(^O^)

160826_1


 JAたのふじさんから譲っていただいた小麦。。。。それは、なんと!「農林61号」♪

 かつての群馬県ではこの小麦を中心に作付けしておりましたが、農家泣かせとも言える大変手のかかる作物は、今では「さとのそら」へと変わってしまい殆どこの農林61号を今では目にすることが出来なくなったほどの「幻」の小麦とも言える代物なのです。

 これを、石臼で挽いてみたのです(^O^)/

160826_2


 まずは、こんな感じになるまで挽き。。。。。

160826_3


 「篩=ふるい」にかけて選別。

160826_4

 なんとも良い感じになりました♪ 

 群馬県藤岡産の石臼粗挽き粉の完成です(^O^)/

 次は、この小麦粉でうどん作りを行いたいと思います!

|

« 海外国の輸入規制について。 | トップページ | シンガポ用。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。