フォト

コンタクト

  • 誕生日: 1968年 3月 15日

1行紹介

私は毎日麺を食べても飽きませんが、何か。。。

自己紹介文

曽祖父が麦の生産者、祖父は製粉業者、そして父が当「根岸物産株式会社」の創立者であり、子供の頃から家業のあととりを期待され育つものの、本当は大型トラックの運転手になりたいと大学を卒業する際に父に言ったら「バカヤロー」と言われ諦める(父はすぐに会社で働かせたかったようだ)。
  
大学時代に経験させていただいたカナダでの滞在を再びしたく、帰りの飛行機チケットを持たずに渡る。ところが半年も経たないうちに父から「早くけーって来い!」と叱られ涙を呑んで帰国。

すぐに家業に就くのは遠慮させてもらい、事務器の営業職に就く。給料が歩合制なのが気に入り、自分の力を試すことができ、そして営業の基本を勉強させていただけたのです。
そして、3年ほど経過した時にまた父から「いい加減、いいんじゃねぇ??」と即され、根岸物産株式会社に入社。


そして、入社の4ヶ月後に父が早すぎる他界。
1984年、麺の造り方、麺の売り方、そして会社のトップたるうんぬんも教えてもらえぬまま、まだ小僧と言える26歳で社長になってしまいました。


様々な経験と、ご縁あって素晴らしい方々との出会いがあって、今があります。そしてご先祖のお陰で今の会社と商品があります。 
人様に活かされている身分である以上、人様が生きるための「食」をいつまでも造り続けていきたいと思っています。
たかがうどん、されどうどん。そこには必ず満足と喜びがあると信じています。